気仙沼 海の市・氷の水族館…ごあいさつ
岡本製氷
HOME > 氷のアート > 出張!氷の水族館 > 気仙沼 海の市 氷の水族館

気仙沼 海の市 氷の水族館

〜港町気仙沼から魚の新しい鑑賞〜 〜港町気仙沼から魚の新しい鑑賞〜

東日本大震災の影響により、「氷の水族館」は中止しております。
大変ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございません。
現在、復旧に向けて全力で取り組んでおりますので、
今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

海の市・氷の水族館では日本有数の港町・宮城県気仙沼市の魚を氷で包んだ“氷のアート”として展示しています。幻想的なアイスブルーが演出する、三陸の幸がいっぱいのおさかな天国へ是非お越しください。

ごあいさつ

地元気仙沼のみなと祭りで「氷の水族館」というイベントを手がける私の耳に、ある日こんな声が聞こえてきました。
「俺たちみたいに人に観られるのが生きがいの魚にとって、水族館は楽しいな」
人間にもいろいろな性格があるように、魚の中にも観られることに喜びを感じるヤツがいるようです。
ごあいさつ 日本には現在、百幾つの水族館があるそうですが、施設としての「氷の水族館」は、ここ気仙沼だけです。
もっと多くの人に「氷の水族館」の魅力を知ってもらおうと、ホームページからスタートした「氷の水族館」ですが、 平成14年4月27日に気仙沼産業センターによって魚市場前の”海の市”に展示されました。
氷の水族館」は、港町気仙沼で氷屋を営む私の永年に渡る夢であり、気仙沼で水揚げされた新鮮な魚を使うだけでなく、ICEカービストによる氷の彫刻作品などなど、より本格的なアイスリウムに向けて、氷の可能性を追求していきたいとかんがえております。

入館案内